秋を醸す・・・秋上がりの酒・来福 純米吟醸ひやおろし

画像



来福酒造について
茨城県筑西市に蔵を構える来福の地元の契約農家で生産された酒米(五百万石)を花酵母で醸した生酒です。来福酒造と聞くと業界では、香り系の酒、つまり大吟醸のような香りが、強い酒を多く生産する蔵として有名でしたが、5年前より福井県の花垣酒造のかしら(副杜氏)を任されていた佐藤明氏を招き、酒質全体を変え、香り重視から香りを抑え、味を重視した造りに変わりました。
来福 純米吟醸ひやおろし
来福 純米吟醸ひやおろしは、来福の日本酒の中では、飲み飽きしないタイプで、食中酒としても腰を据えて飲める日本酒です。冷たい温度から、常温、お燗といろいろお楽しみください。温度によって日本酒の印象が変化することがおわかりいただけます。特にぬる燗がうまいです。やわらかな味わいの中に、やさしい甘さとフルーティさがまろやかに広がります。是非お燗もお試しください。


             婚活中の酒屋のドラ息子

この記事へのコメント

おちび。
2012年10月09日 14:01
ひやおろしは、やはり冷蔵保存でないといけないでしょうか?
この時期になると、ひやおろしを買いたくなるのですが、冷蔵庫にスペースがなくて…。

この記事へのトラックバック